フライヤーPDFダウンロード

一次審査結果発表(9/21)

厳正なる一次審査の結果、下の3作品が選出されましたのでここに公表させていただきます。
11月15日(火) AGC studio(東京・京橋)にて行われます公開二次審査のプレゼンテーションによって各賞が決定されます。
本ページ下部には、二次審査会の詳細をご案内をさせていただいております。
若手建築家のプレゼンテーションと有名建築家・構造家による審査を聴講できる貴重な機会です。ぜひ皆様お誘い合わせの上ご参加ください。
Here to announce the three proposals elected in the preliminary stage. Find out each awards that going to be determined in the open final screening holding at AGC studio on the 15th of November (Tuesday). Take this opportunity to witness the new architects present their proposals. Along with this the critics will be given by the well-known architects and structural engineer during the discussion. See the details to the open final screening as indicated below.

 

こちら側と向こう側 / This side and the other side
川嶋洋平 / Yohei Kawashima
砂漠のフォリー / desert folly
酒井亮憲 / Akinori Sacai
GLASS HORIZON / ガラスの水平線
前嶋章太郎 / Shotaro Maeshima




35歳以下の若手建築家によるガラス建築の設計競技 公開二次審査
(第70回デザインフォーラム)
Under 35 Architects Glass Architecture Competition ( Design Forum Vol.70 )


ガラスは、透明性をもつ硬質素材という特質により、温度や湿度、騒音などから人々を守る役割を果たしながら、内部空間に明るい光をもたらし、外部環境への視界をクリアに広げることができる、現代建築には欠かせない存在となっています。閉ざしながら透明性をもつ未来的な空間には、人々に清々しさや感動を与える力があります。この設計競技では、今後の活躍が期待される35歳以下の若手建築家から、ガラス素材の新しい使い方や表現の建築の提案を募ります。
Glass has been indispensable material in modern architecture. Its transparency transmits light into interior space while achieving clear view extending to the exterior environment. This hard material allows to control room temperature and humidity as well as the reduction of noise coming from the outside. These features inspire people and carries power to bright ideas to the future architecture.
Young architects aged under 35, who are expected in the future, propose new ideas for glass architecture in this nominated design competition. Among the architects, only the best proposal gets an opportunity to realise in the exhibition. On the theme of "glass architecture with various lights," the exhibition shows the possibility of the glass architecture in the future. The visions of the young architects are expected to cater new idea in this exhibition.


© AAF アートアンドアーキテクトフェスタ / Art & Architect Festa
U-35 若手建築家 / U-35 young architects



二次審査 (最終) / Open Final Screening

一次審査通過作品 上位3作品の審査を、プレゼンテーション形式で行います。
Presentation of three finalist
テーマ / Theme

多様な光のあるガラス建築
glass architecture with various lights

提案条件 / Proposal Conditions

構造はとくに限定しませんが、原則としてガラスの特性を新しく読み取った建築の提案を求めます。ガラスの新しい使い方、照明を含む光の効果的な活用、ガラスの必然性などをキーワードに提案を期待しています。また、できるだけ現在の技術で実現可能な建築物の提案としてください。
Structure has no limits. We seek for new interpretation of glass. We expect proposal considering the “inevitability” of the glass and “efficiency” of the light and lighting.As much as realistic and attainable proposal with the current technology.

審査員 / Jury

太田浩史 / Hiroshi Ota
(ヌーブ共同主宰 / Joint superintendence of Neuob )

佐藤淳 / Jun Sato
(佐藤淳構造設計事務所主宰 / Jun Sato Structural Engineering)

平沼孝啓 / Kohki Hiranuma
(平沼孝啓建築研究所主宰 / Kohki Hiranuma Architect & Associates.)

新井太吉 / Daikichi Arai
(AGC旭硝子 ガラスカンパニー ビルディング・産業事業本部 日本・アジア事業部 日本事業部長 / Asahi Glass Co., LTD. )


1968年東京生まれ。博士(工学)。
00年デザイン・ヌーブ設立(15年ヌーブに改称)。主な作品に「AGCスタジオ(2010)」、「矢吹町第一区自治会館(2016)」など。東京ピクニッククラブ共同主宰。
太田 浩史 (おおた・ひろし)
建築家 | ヌーブ

Hiroshi Ota(Architect)
Neuob


1 9 7 0 年愛知生まれ。0 0 年佐 藤淳構造設計事務所設立。1 0 年より東京大学准教授(A G C 寄付講座)。建築家と協働で、 数々の現代建築を新たな設計 理念によって実現させてきた。
佐藤淳 (さとう・じゅん)
構造家 | 佐藤淳構造設計事務所

Jun Sato ( Structural engineer )
Jun Sato Structural Engineering

1971 年 大阪生まれ。99 年 平沼孝 啓建築研究所設立。主な受賞にイノ ベイティブ・アーキテクチュア国際 建築賞(イタリア)や、ジャーマン国 際アワード(ドイツ)など。14 年ヴェ ネチア・ビエンナーレ国際建築展。
平沼孝啓 (ひらぬま・こうき)
建築家 | 平沼孝啓建築研究所

Kohki Hiranuma ( Architect )
Kohki Hiranuma Architect & Associates

AGC studio
第70回デザインフォーラム / Design Forum Vol.70
開催日時
Date
2016.11.15(Fri) 18:00-20:00
 
プログラム
Program
 
18:00-18:10 主催者より始めの挨拶、審査員ご紹介
Opening Remarks
18:10-19:10 発表者プレゼンテーション
(プレゼン10分 質疑12分 入替3分 / 1組)
Presentation(Presentation 10mins. Critic 10mins. Turnover 3mins. each)
19:10-19:30 公開審査
Open Critic / Final Screening
19:30-19:50 発表と講評・表彰式
Comments and Commendation
19:50-20:00

主催者より終わりの挨拶
Closing Remarks

 
参加方法
Admission
事前申込予約 (先着70名)
Pre-registration (70 people, First-come basis)

*

*

*

*

二次審査は公開方式です。一次審査時の提案も公表します。
映像の撮影を予定しております。予めご了承ください。
The final stage is held in open screening. We will be also show the
proposals at the preliminary stage.
Please note that we intend to record the sequence of the event.

   
会場
Venue
AGC studio
〒104-0031
東京都中央区京橋2-5-18 京橋創生館 2階
1F and 2F Kyobashi Soseikan building, 2-5-18 Kyobashi, Chuo-ku, 104-0031 Tokyo
●電車でのアクセス / access by train:
銀座線京橋駅 4番出口すぐ
JR東京駅八重洲南口より徒歩10分
有楽町線銀座一丁目駅より徒歩4分
都営浅草線宝町駅より徒歩3分
Just next to Exit 4 of Kyobashi Station (Ginza line)
10-minute walk from Yaesu South Exit of Tokyo station (JR)
4-minute walk from Ginza-1chome Station (Yurakucho line)
3-minute walk from Takaracho Station (Toei Asakusa line)
●車でのお越しの場合 / access by car:
AGC studioでは駐車場のご用意はございません。
車でお越しの際には、周辺の有料駐車場等をご利用ください。
There would be no parking provided by AGC studio.
Please use pay parking near the studio.

archive
 
2016年 展覧会
exhibition 2016
2015年 設計競技
Competition 2015
2015年 展覧会
exhibition 2015
2014年 設計競技
Competition 2014
2014年 展覧会
exhibition 2014
2013年 設計競技
Competition 2013
2013年 展覧会
exhibition 2013
2012年 設計競技
Competition 2012
2012年 展覧会
exhibition 2012
2011年 設計競技
Competition 2011